So-net無料ブログ作成

雨の庭 [庭]

休日になると雨が降るので、テンションが下がる。

休みの日は外に出て、釣りをしたり、森を歩いたりしている。
そういう事を続けてきたので、雨になると憂鬱になる。

久しぶりに、庭の植物の写真を撮った。
寒くなったからなのか、チョウやトンボも飛んで来なくなった。

晴れた日にデイパックを背負って、虫や花に逢いに行きたい。

・ハイビスカス。
IMG_5986.jpg
・南天の実。
IMG_6005.jpg
・ベゴニア。
IMG_6021.jpg
・ミニバラ。
IMG_6017.jpg
・追記。ハローウィンなので。10/31 07:57アップ。
IMG_6066.jpg

IMG_6087.jpg
nice!(48)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万年草 [庭]

小さな庭に万年草があります。

いつからあるのか、もうだいぶ前からです。
これからも、ずっと生えていてくれると思います。

私には、忘れられない植物になりました。
万年草に「ありがとう」と言いたいです。
元気でいてくれることを願うだけです。

下手な写真です。
少しでも、ましな写真が撮れるように、これからも続けていきます。

・森村万年草。
IMG_1623.jpg
・サンパラソルビューティー。
IMG_1640.jpg
・サンパラソル。
IMG_1648.jpg
・ユキ。
 玄関の床が冷たいのでここに寝っ転がる。
 ドアを開ける時に出て行かないか注意している。
IMG_2578.jpg
nice!(58)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の風景 [庭]

夏の虫、夏の花、夏の野菜、夏の猫?

いつもと変わらない風景。

・バラにやってきたクマゼミ。
IMG_5854.jpg
・バラにやってきたナミアゲハ。
IMG_6035.jpg
・ニチニチソウ。
IMG_5865 (2).jpg
・今朝収穫した野菜。小さいカボチャとニガウリがいっぱい。
IMG_5887.jpg
・まだ今年は花火を見ていない。せめて動画でも。
 「空撮 本栖湖 神湖祭 花火大会 / Motosuko Sinko Festival」

・ユキは冷たい廊下でくつろぐ。ユキに花火を見せてやりたい。
IMG_5840.jpg
nice!(46)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気になる花、その後 [庭]

気になる花のその後の展開があった。

・ミニバラ。満開になった。
 小さくてもバラの風情。1cmぐらい。綺麗。
 蕾ももうすぐ咲きそう。今にも咲きそうな蕾も良い。
IMG_5751 (2).jpg
・マーガレットコスモス。名前がわからなかった黄色い花。
 尊敬するブロガーさんが自力で調べて名前を言い当てて下さった。
 散々調べてわからなかったのに、もう嬉しくて。感謝しています。
 花だけでなく、葉、咲き方、匂い、全体像なども識別する要素である事を学んだ。
 名前を調べるのは謎解きみたいで楽しい。わかった時の嬉しさが違う。
 今回は、自分はお手上げだったが(^-^;
IMG_5213.jpg
・アップルミント。葉っぱの香りを嗅ぎに近くの河原に出かけた。
 ミントの香りがする事を確認した。青リンゴの香りが微かに有る様な無い様な。
 野生化していることに驚く。
IMG_5716.jpg

気になる花 [庭]

気になる花がいくつかある。

今は何故か、身近なところに咲く花に興味がある。
ただ単に、遠くへ出かけるのが億劫なだけかもしれないが。
それから、とりあえず身近な花を知りたいんだと思う。

今まで、気にも留めなかった身近な花を写真に撮るようになると、
こんなに綺麗だったんだとか。
こんな花があったんだとか。

そして、その中で特に気になる花が出てくる。

こんなことは今までなかった事である。

・ミニバラ。庭に咲いている。
 小さい綺麗なバラという点だけで気になってもうダメである。
 今、一つだけ咲いている。蕾もあるので今後が気になる。
IMG_5207 (2).jpg
・庭に咲く、名前のわからない花。
 黄色い、シャキッとした花びらが潔くて、なんだか好き。
 やはり名前が気になる。
IMG_5219.jpg
・まるばはっか(アップルミント)?近くの河原沿いに咲いていた。
 本当にアップルミントなのか確かめたくて気になる。
 青リンゴの香りがするらしい。今度確認してみたい。
IMG_5403.jpg
・黄色い花の葉。
IMG_5656 (2).jpg
・ちょっと大株になっている。
IMG_5672.jpg

夏の庭 [庭]

庭も夏。

うるさいうるさいと思っていた蝉の声にも、少し慣れた。

それより、夏らしくていいと思うようになった。

夏もいい。

・フウセンカズラ。一個だけフウセンの実がなった。中にハートマークの種が入っている。
IMG_4928 (2).jpg
・花は凄く小さい。この花がフウセンになる。これからどんどん増えていく。
IMG_4902.jpg
・ケヤキ。暑さで葉っぱが枯れていたが、新芽が出てきた。なんだか嬉しい。
IMG_4907 (2).jpg
・開花寸前の名前のわからない花。
IMG_5011 (2).jpg
・ニチニチソウ。
IMG_4961 (2).jpg
・ヤマトシジミ。翅を広げたところを撮ってみたい。30分ぐらい粘ったがダメだった。
IMG_5170 (2).jpg
・今朝、菜園で採ってきた野菜。形がいびつに。菜園は雑草だらけ。見たくない。
IMG_4879.jpg
・ユキは冷房の効いた部屋で遊びに夢中。蝉の声にも慣れた?
IMG_4800 (2).jpg

庭に咲く名前のわからない花 [庭]

庭の小さな花壇に花が植えてある。

植えるのは娘。

雑草を取るのは私。

だから、名前のわからない花がいくつかある。

暑くて名前を調べる気力がない。

・わからない。
IMG_2846.jpg
IMG_2855.jpg
・わかんない。
IMG_2915.jpg
IMG_2817.jpg
・わかんねえ。
IMG_2903.jpg
・わかります。
 ピエール・ドゥ・ロンサール。(二つ目の二番花が咲きました。小さいです。3㎝くらい)
IMG_2878 (2).jpg
・三つ目の二番花。右上の小さいほう。1.5㎝くらい。かなり小さい。
IMG_3029.jpg
・ユキは全く花に興味なし。タブレットの前で陣取り、どこうとしない。
IMG_3152.jpg

サンパラソルとカマキリ [庭]

あんどん仕立てのサンパラソルビューティの隣にピンクの花が咲いている。

サンパラソル(マンデビラ)。

サンパラソルビューティの真っ赤な色に比べると、目立たない。

この花は、今年、娘が安かったので買ってきて植えたもの。
まだ背丈が30センチぐらいで花数がまだ少ない。

ピンクの花の後ろ側に、子供のカマキリがとまっていた。

毎年、カマキリが庭にいるのを見かける。

小さいカマキリは可愛い。大きくなるとちょっと怖い。

・サンパラソル。優しいピンク色。
IMG_2265.jpg
・カマキリの子供。右奥に見えるのが赤いサンパラソルビューティ。
IMG_2313.jpg
・もう少し背丈が大きくなったらあんどん仕立てにするらしい。
IMG_2683.jpg
・今朝、ピエール・ドゥ・ロンサールの小さい花がひとつ咲いた。5㎝くらい。
 他に2、3個蕾があり、これから咲くと思われる。
 (もう終わったと思っていたので驚きました。こういう事があるんですね)
IMG_2695.jpg

サンパラソルビューティ [庭]

庭にあるこの花の名前は知らなかった。

冬の間は枯れたとばかり思っていたが、真っ赤な花が咲いた。

名前を考えたのは、どんな人なのかと想像してしまう。

・サンパラソルビューティ 。この名前はもう忘れないと思う。たぶん。
IMG_1460 (2).jpg

・あんどん仕立てのサンパラソルビューティの鉢。
 
 私が仕立てたわけではない。こんな器用なことができる訳がない。

 知らない間に、誰かが買ってきて、去年ぐらいから置いてある。

 妻に聞いてみたら、娘が苗で買ってきて、仕立てたらしい。 
 やはり、妻ではなかった。 

 サントリーが販売している。
 真紅の赤が庭で映えるので、存在感はハンパない。
  
IMG_1719.jpg

ハイビスカス [庭]

夏の花といえば、ハイビスカスを思い浮かべる。

地植えしたこともあるが、やはり冬越しができない。
暑い地方の花なので仕方がない。

今年も鉢で買ってきた。

朝、咲いて 夜、散る。

もうすぐ本格的な夏がやって来る。

・ハイビスカス。 アオイ科。
IMG_1551.jpg

モリムラマンネングサ? [庭]

随分前から、庭に咲く万年草の名前がわからず、気になってしょうがない。

「万年草」の総称で、納得すればいいだけの話ではあるが、やはり知りたい。

Webで識別方法を詳しく紹介しているサイトを色々閲覧してきたが
種類が多く似たような品種ばかりで、どうしても判断がつかない。

今回、カメラの操作練習をしている時、その事を思い出したので色々と撮影してみた。
PCで画像拡大して見比べてみると、もしかしたらこれではないのかというのがあった。

名前は「モリムラマンネングサ」。
別名「モリムラマンネンソウ」、「森村万年草」。

特徴
・黄色い花が咲く
・秋に赤く紅葉する
・原産地:日本
・葉はたいてい3輪生で付く
・細くて先が尖るような葉
・ギザギザな突起が葉の縁に並ぶ

間違っているかもしれないが、現時点ではそういう結論に達した。
名前がわかり、一安心。

IMG_0280.jpg
光の加減によって色が随分違って見える。
IMG_0294.jpg
追記)黄色い花が咲く。凄く小さい。現在5、6個咲いている。
IMG_0183.jpg
IMG_0192 (2).jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール5 [庭]

最後に一輪だけ残ったピエール・ドゥ・ロンサールの花。

昨年もそうだったが、葉が虫に喰われてしまう。

もう来年まで見ることができない。これで見納め。

IMG_0119 (2).jpg
ガラス越しに庭を見つめるユキ。ユキのお気に入りの場所。
バラよりスズメに興味津々。
IMG_0114 (2).jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール4 [庭]

そろそろ花の終わりが近づいた。

この花は「カップ咲き」というんだ(初めて知りました、勉強になりました)。

ピンク色だった花がずいぶん白っぽくなった。

花びらが地面にたくさん落ち、枯れた花はハサミで切られていた。

蕾、満開、散り始め。全てこの目で見届けた。

長く徒長?した枝をどうすればよいのか、わからない。

ネットで調べて手入れする必要がある。

来年も、また咲いてくれるだろうか。

DSCF0348.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




フウセンカズラの発芽 [庭]

この季節になると、庭の壁沿いにフウセンカズラを植えている。

つる性の植物で、小さな小さな白い花が咲き、それがフウセンになる。

見ていて涼しげなフウセンがなるのを楽しみにしている。

フウセンの中に硬い種が2,3個できる。

これをとっておき、次の年の5月ごろ植える。

1メートル以上伸びる。毎年の恒例になった。

DSCF0340.jpg
昨年10月に採取した種。
白いハートマークが目印。
この種だけは間違えることがない。

たくさん取れるけど、植えるのは7、8個。まず全て発芽する。
付箋紙に日付を書いて、ビニール袋に入れて半年間保存している。
DSCF0336.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




万年草 [庭]

庭に万年草が生えている。

品種名はよくわからない。多肉植物。
生育旺盛で、ハサミで細かく切った物をばらまくだけで増える。

気を付けないと、勝手に生えてくるので、芝生に生えたものは雑草扱い。

水やりも不要。
カバープランツとして活躍している。
緑が映えて、しかも手間いらず。

あまり覚えていないが、釣りをしているとき岸辺に咲いていたのを
持って帰って移植した記憶がある。こんなに増えるとは思ってもいなかった。

記憶があいまいなくらいだいぶ前からある。
黄色い小さい花が咲く。可憐で好きな花。

DSCF0319.jpgDSCF0312.jpg
DSCF0310.jpgDSCF0311.jpg

月桂樹の鉢にばらまいたらこうなった。いい感じ。
DSCF0326.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




ピエール・ドゥ・ロンサール3 [庭]

アゲハチョウが羽を休ませていた。

バラの花はもう10㎝を超え、アゲハを飲み込んでしまいそうな大きさに。

だから、花ではなく、葉の上で休憩なのか。

---------ウィキペディアより引用--------------------------
ピエール・ド・ロンサールとはバラの品種の1つ。
メイアンのマリー・ルイーズ・メイアンが作出。
フランス・ルネサンス期を代表する詩人、ピエール・ド・ロンサールにちなんで名づけられた。

DSCF0174.jpg
毎日見ているバラ。完全に魅せられてしまった。
DSCF0178.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




ピエール・ドゥ・ロンサール2 [庭]

先週開花した「ピエール・ドゥ・ロンサール」の花が満開になった。

よく見ると、開花したばかりは花びらの数が少なかったが
更に時間がたつと、花びらの枚数が増加している。

今年ほど、蕾の時から、満開までバラをよく観察したことはない。

前にも書いたが、バラは写真に撮ると絵になる。
写真撮影が上手になった様な錯覚におちいる。

多くの人がバラに魅了される訳が少しわかる気がする。

DSCF0124.jpgDSCF0122.jpg
DSCF0133.jpg


スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




ピエール・ドゥ・ロンサール [庭]

我が家の庭にもバラが植えてある。

娘がに2,3年前に地植えした「ピエール・ドゥ・ロンサール」という品種。
大きくなりすぎて、テラスの柱に毛糸で縛り付けている。

我が家の女性陣はバラが好きだ。
何故なのか今まで謎だったが、咲いたバラを見ていると、少しわかる気がする。

なんとなく。理屈抜きで。説明になっていないが。

接写は下手だが、こうやって撮って見てみると、バラは気品があり、絵になる。
蕾の時でも、開花してからも。

多分、それだと思う(違ってたらゴメン)。

DSCF0028.jpgDSCF0032.jpg
DSCF0054.jpgDSCF0057.jpg
DSCF0060.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




芝刈り開始 [庭]

5月に入り高麗芝が順調に育っている。

日曜日には今年初めての芝刈りを行った。
手押しの芝刈り機ではなく芝刈りばさみを使う。

右手に芝刈りばさみ、左手にゴミ受け?を添えて刈った芝をすくう。
そんな方法でやっている。
面積が少ないのでさほど苦にならない。もう慣れた。

今後、更に緑が濃くなると、週一の芝刈りが休日の日課になる。

芝刈りをやると芝の背丈が均一になり気持ちが良いので楽しい。

そういう季節になった。
                        ★これがシラン ↓
DSCF0022.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




シラン [庭]

ラカンマキの根元に植えているシラン。

蕾のままでなかなか花が開かなかったが、今朝咲いた。

手入れは全くしていないが、勝手に生えてくる。

他のブロガーさんの記事でも拝見させて頂いたが、本当に手間いらず。
冬に枯れた茎を根元よりちょっと上で切るだけ。

庭に鮮やかな紫の花が映える。
毎年咲くのを楽しみにしている大好きな花。

DSCF0010.jpg

追加購入し菜園に植え付けした苗。
スイカ1、カボチャ1、トウモロコシ2、パセリ1、シシトウ1。

スイカとカボチャは過去に何度か植えたが、失敗している。

へたくそな私には無理だとわかっているが、買ってしまう。
自分で育てた、立派なスイカを食べてみたいから。

DSCF0001.jpgDSCF0003.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




シクラメン [庭]

庭の鉢植えのシクラメンが咲いた。

もう10年以上何もせず放置しているが、毎年咲いてくれる。
但し、いつもより遅い気がする。
寒い時期に咲くはずなのに。

底面給水の鉢で底に水を溜めておく方式。

この時期は他にもいろいろ花が咲いている。
手抜きしているのに植物のたくましさを感じる。

今年も咲いてくれてありがとう。

DSCF9890.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




春の嵐と復活した芝生 [庭]

先日の低気圧で春の嵐がやってきた。

強風が吹くたびに、我が家の小さな庭は落ち葉で埋め尽くされる。
近くのお寺の境内から枯れ葉が飛んでくるのだ。

自宅を購入した際に、憧れの高麗芝を植えたが、
歩くと剝がれが目立つし、冬は枯れてしまうので
高麗芝を全部剥がして西洋芝に変えたが芝刈りが大変だった。

芝生にはもうこりごりし、数年間は何もしなかったが
2年前から何故か生き残った生命力の強い高麗芝が
自然に繁殖しほぼ全面を覆った。

芝生の復活である。
今年も、やっと芽吹き始めうっすらと緑色を帯びてきた。

これからが楽しみだ。芝刈りも楽しい。

DSCF9808.jpg

DSCF9818.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------




スミレ [庭]

今日は疲れて、横になっていた。

動画編集で夜遅くまで起きていたのが災いした。

小さな庭にスミレを見つけた。

ケヤキの根元に毎年自然に生えてくる。
ケヤキも新芽が出ていた。

自然の生命力に感心する。

ちょっと心が癒された。
こういう小さな花が好きだ。

明日は釣り仲間と釣りに行く。
体調万全で望みたい。
DSCF9729.jpg

DSCF9728.jpg

スポンサード リンク --------------------------------------------------------------