So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

へちま? [菜園]

菜園が収穫最盛期に入った。

一週間ぶりに菜園に行くと、隣の区画の人に
「へちまになってるよ。早よ収穫せんと」と言われた。

確かにキュウリがへちま大に。
毎年の事である。

「三日に一回ぐらい来んと」と言われた。

「はい、そうします」と答えた。

・キュウリ、ナス、ピーマン、ミニトマト、シシトウ。どれもおいしい。
IMG_1164.jpg

カタツムリ [生き物]

梅雨に入ってやっと雨が降った。

梅雨になると、思い出すのが、カタツムリ。
たくさん捕って飼ったのが懐かしい思い出

大人になってからは、見る機会が減ったような気がする。

・探せばもっといたかもしれない。でも2匹だけ。こんな場所で。
IMG_0987.jpg
・カタツムリ。Wikipedia この日は雨でなく、暑い晴天だった。
IMG_0959.jpg
☆------------------------------------------------------------------------
小学生の頃、夢中になって、でんでん虫を捕りに行きました。
友達と大きな声で、でんでん虫の歌を歌いながら。
できるだけ、大きいのを探して、何匹も虫かごに入れて眺めました。
手のひらに乗せて歩くのをじっと見たり。
今はもうそんな遊びはしなくなりました。

でも、川沿いを歩いて、花や虫や鳥を見るのが楽しいです。
そういう点は、子供の頃と同じなんだなと思います。
☆------------------------------------------------------------------------

ヤブジラミ [フィールド]

川沿いの木々に囲まれた薄暗い道に花が咲いていた。

小さい花が幾何学的な配置になっている。
あまり目立たないが、じっくり見ると清楚な印象の花。

名前がわからなかったので、帰宅してから調べた。

ヤブジラミ。
藪に生え、鉤状に曲がった刺毛によって果実が衣服につきやすいようすを
シラミにたとえたもの。

・ヤブジラミが咲く藪を抜けると前方がぱっと明るくなる。
 写真の左下の場所に咲いていた。
IMG_1042.jpg
・ヤブジラミ。Wikipedia クモの糸が薄っすらついている。
 その名前のとおり、藪の中で咲いていた。
IMG_0971.jpg

モグラ [生き物]

川沿いの花の写真を撮っていたら、後ろで、ゴソゴソと音がする。
振り向くと土の中から何か出てきた。

モグラだった。

更に、もう一匹、顔を出したが、こちらに気づいたのかすぐひっこめた。
こっちは白っぽかった。

最初の一匹はじっとして動かないので写真に撮った。
しばらくして、気づいたのか、あわてて土の中にもぐってしまった。

子供の頃、何度か見たことがあるが、数十年ぶりである。

魚の顔は見れなかったが、モグラに会えたので、何故か懐かしかった。

・この道を歩いて、少し薄暗いところにモグラがいた。
IMG_1013.jpg

・モグラ。ハエが止まってもじっとしている。そーっと近づいて撮影。
☆------------------------------------------------------------------------
「子供の頃、田舎の徳島で、飼っとった猫がなあ。
ミーコっちゅうんじゃけんど、モグラ取ってくるんよ。
ほんで、見せびらかしにくるんよ。ほんまでー。」
☆-------------------------------------------------------------------------
徳島西部ではこんな方言だったような(^-^;
その頃飼ってた猫は代々、名前は必ず「ミーコ」でした。トラ模様の猫ばっかり。
それが私の猫好きの始まりです。今でもトラ模様の猫を見るとミーコを思い出します。

IMG_1030.jpg

竹の皮 [フィールド]

竹の皮を拾ってきた。

釣りに行く時、たまに妻がおにぎりを持たせてくれる。
有り難いが、ラップに包んだものなので何か味気ない。

昨年、梅雨の晴れ間に竹皮拾いが適しているという事を聞いていた。
そのことが頭に残っていて、川沿いで拾った竹の皮を持って帰った。

店にも売っているが、拾ったものはタダなので、得した気分になる。
水できれいに洗い、広げて天日で乾燥させる。

水分が残ったままだと丸まってカビが生える事がある。
非衛生的なので気を付けないといけない。

今度釣りに行く時に、試しに竹の皮で包んで持って行こうと思う。
自分で拾った竹の皮で包んだおにぎり。一度、食べてみたい。

・この道を抜けて行くと両側に竹の生えた道に出る。
IMG_0658.jpg
・この時期は自然に剥がれて落ちている。おそらくマダケだと思う。
IMG_0698.jpg

ミニトマト [菜園]

今年のミニトマトは、初めての品種を植えてみた。

真ん丸ではなく、ちょっと細長い「アイコ」。

ミニトマトは脇芽をそのままにしておくと、伸びてぐちゃぐちゃになる。
その脇芽を取ってポットに刺し、増やしたものを、2株追加して植えている。

もうすでに元の株はジャングル状態。
たくさん実がなって毎年食べきれない。

・アイコ。
 もっと赤くなるのかもしれないが、早く食べたいので収穫。
 食べたらやっぱり、ちょっと硬かった。
IMG_0897.jpg
・キュウリ、ナスもこれからが収穫最盛期。
IMG_0908.jpg

ブログ更新の邪魔をするユキ5 [CAT]

ユキがなんの前触れもなく突然やってきて、PCの前に居座った。

「どいてくれ!」と言ったが、無視された。
「お願いします」とも言ったが、なんの効果もなかった。

仕方がないので、今日はここまで。

IMG_0243.jpgIMG_0245.jpg
IMG_0249.jpgIMG_0250.jpg
IMG_0497.jpg

アオサギ [生き物]

もう20年以上前にバードウォッチングを趣味にしていた。

ニコンの8倍の双眼鏡を大枚をはたいて購入。
毎週、フィールドに出掛け、主な鳥の識別は一応出来るようになった。

フィルム一眼レフと望遠レンズ、三脚も買ったが、うまく撮れなかった。
趣味が釣りに変わってから、そのカメラ一式は手放し、携帯重視のコンデジに変えた。

最近、デジイチを購入した。一眼は20数年ぶりになる。
その間の一眼カメラの事は全くわからない。

だから、最新のカメラの性能の進歩、画像の鮮明さに本当に驚く。
腕が上達した様な錯覚におちいる。

写真撮影が楽しくて仕方がない。

・アオサギ。身近にいる大きい鳥なので識別は容易。
IMG_0724.jpg
IMG_0725.jpg
IMG_0726.jpg
IMG_0727.jpg
IMG_0728.jpg

アオハダトンボ [生き物]

昨日、釣りに行ったが、魚が釣れないので、写真をいっぱい撮った。

川辺には黒いトンボがたくさん飛んでいる。
ハグロトンボだと思って、帰って調べてみると違っていた。

「アオハダトンボ」。
名前の由来は「青い肌」からきている。
2012年に絶滅危惧種にランクインした希少種。

写真を撮ってWebで調べると、初めて知る事が実に多い。

IMG_0739.jpg
オス。
IMG_0733 (3).jpg
メス。翅(はね)に白い縁紋がある。
IMG_0732.jpg
オス。翅を開いた様子。
IMG_0599 (2).jpg

コオニヤンマ [生き物]

今日は休みをとって川へ釣りに行った。

でも、釣れなかった。

魚は水面から、飛び跳ねるのを何度も見たが、一度針掛かりしただけでおしまい。

川沿いを歩いているとトンボが飛んできて右肩に止まった。
そっと近くの草に近づけるとそっちへ移ったので、急いでカメラを向ける。
近くまで寄っても逃げないので、写真に撮ってくれと言っている様な気がしてならない。

帰宅し調べたら、おそらく「コオニヤンマ」だと思う。オニヤンマより一回り小さい。

ヤンマは子供の頃、網で夢中になって追いかけたのを思い出す。

魚は釣れなかったが、コオニヤンマの写真が撮れたので良かった。

IMG_0633.jpg

コオニヤンマ。Wikipedia:日本、中国、朝鮮半島、極東ロシアまで、東アジアに分布

IMG_0716.jpg
前の10件 | -